次の一手

【次の一手】その57

【次の一手】その56で「卍多重は座布団の次に目指すべきGTR上の形」と解説しましたが、作ってはいけない卍多重の形『卍デビルが存在します。

今日は卍デビルの形と、それを組んでしまったときの対処法が学べる次の一手です。

(ぷよぷよでは必ず暴発してしまうツモを「デビル」と呼ぶのですが、それにちなんで「卍デビル」と名付けます。)

問題

初手の置き方を考えてください。

答えは下にスクロール

難易度 

前提

  • 先折GTR
  • 初手緑緑
  • 2手目赤赤

答え

1手目

2手目

解説

通常の卍多重と同様にこの形から伸ばそうとすると、

赤が暴発してしまいます。このように土台と同色で組んでしまった卍多重を「卍(まんじ)デビル」と呼びます。

基本的に卍デビルは避けるべき形なのですが、気づいたら卍デビルを組んでしまっていることがあります。そんな時はどう対処すればよいのでしょうか。

卍デビルの対処法

結論から言うと、「デビルから消す」ことで卍デビルを対処することができます。問題の場合だと、通常の卍多重では「青→赤→GTR」とつなげるのですが、卍デビルの場合は赤→青→GTR」と組むことで卍デビルを連鎖に組み込むことが出来ます

他にも卍デビルを連鎖に組み込む形は↓このように沢山あり、一見覚えにくそうですが「卍デビルはデビルから消す」意識を持っていれば自然と回避する置き方が見えてくるので、焦らずに対処しましょう。

卍デビル回避例

卍デビル回避例

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA