GTR考察

【GTR完全定型化】AABC型手順まとめ

初手から2手目まで

基本

AAを1,2列目に横置きし、BCをBを右にして3,4列目に横置きします。

※ここで言うBとは、3手目か4手目で最初に出てくる方の色を指します。3手目が青青だったら青がB、3手目が緑黄だったら緑がB、黄色がCになります。

AABC型は定形化が一番難しいです。というのも、この時点でGTRや土台の完成形が遠く、目指すべき形が定まっていないからです。

なので2手目は基本的には3,4列目に横置きで良いのですが、理想形に近づけるために、3手目の配色によって、2手目の置き方も変わってきます

では3手目の配色ごとの置き方をパターン別に確認していきましょう。

3手目

3手目のパターンは、次の7通りです。

  • AA
  • AB
  • AD
  • BB
  • BC
  • BD
  • DD

※ACが存在しないのは、2手目BCのどちらのぷよがBでどちらのぷよがCか決まっていないからです。基本の例だと、3手目が赤青だった場合、青がBとなり、3手目が赤緑だった場合、緑がBとなります。CCが無いのも同じ理由です。

AA

3手目にAA(赤赤)が見えたら、2手目の置き方を基本形ではなく、2,3列目に横置きします。

そして、3手目のAAを2,3列目に横置きします。

目指す形(平積み)

一歩踏み込んだ解説(中級者以上向け)

2手目はネクネク(4手目)までみる余裕がある人は、ネクネクまで見てどちらを右にするか変えましょう。例えば、ネクネクに緑緑が見えた場合、

2手目を緑を左にして2,3列目に横置きすることで、4手目まででGTRを完成させることができます。

AB

3手目がABの場合、2手目はBを上にして4列目に縦置きします。

3手目をBを下にして3列目に縦置きすれば完成です。

※3手目が赤緑の場合、緑がBとなります。

AD

3手目がADの場合、2手目は基本の3,4列目横置きします。(やっと基本形でおけました。笑)

3手目をA右の2,3列目に横置きして完成です。

BB

3手目がBBの場合、2手目をB左の2,3列目に縦置きします。

3手目BBを1列目に縦置きして完成です。

一歩踏み込んだ解説(中級者以上向け)

この手順だと、折返し(GTR)の作成を最優先しているため、どうしてもちぎりが発生してしまいます。

いろいろな土台の形を覚え、土台をきれいに組める自信がある中級者以上の方は、ちぎりを避けるために、2手目を3,4列目に置き、3手目BBを1,2列めに置いても良いでしょう。

目指す形

BC

3手目がBCの場合、2手目は基本通り3,4列目に横置きします。3手目もBCで、どちらがBでどちらがCか決まっていないので、どちら向きでも大丈夫です。

3手目は、2手目で右側に置いた色を下にして5列目に縦置きします。

目指す形

一歩踏み込んだ解説(中級者以上向け)

今は活動しておりませんが、おそらく現在日本で一番強いであろうぷよらー「まはーら」さんは2,3手目がBCBCの手を、4,5列目に色を揃えて縦置きすることがあります。

ただし他の多くのGTR使いのS級ぷよらーは正解の手順をとっており、私自身の考えでも正解の手順のほうが受けが広いと判断したため、【ぷよぷよのコツ】では3,4列目横置きの手順を採用してます。

BD

3手目にBDが来た場合、2手目をBを右にして、3,4列目に横置きします。3手目BDをBを左にして、5,6列目に横置きします。

目指す形

一歩踏み込んだ解説(中級者以上向け)

2手目をBを左にして、3,4列目に横置きし、3手目BDをBを上にして、5列目に縦置きも強い一手です。

目指す形

DD

3手目がDDの場合、2手目は基本の3,4列目に横置き、3手目DDは1,2列目に横置きします。

目指す形

最後に

4手目以降は【GTR完全攻略】土台まとめなどを参考に土台の形をたくさん覚え、ネクスト、ネクネクで作れそうな形を目指して組んでいきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA